臨床アロマスクール

スクール学院長よりご挨拶

 私は2001年、関西医科大学心療内科にて臨床アロマセラピストの道を歩み始め、数多くの患者さん、家族、そしてその方々を支える医療従事者のケアをしてまいりました。

 人が生まれ、この世を去るまでに実に多くの人との出会いや、できごとに遭遇します。時には自分の力だけでは何ともならない苦 悩にさいなまれることもあり、そんな時には人はひとりでは生きていけないことを感じるものです。

 その最たるときが「病い」を患った時です。症状により、また治療によりこれまでの生活や人生を変えなければならない状況に否 が応でもさせられてしまいます。たとえ入院期間を終え、自宅に戻っても一生薬を飲み続けなくてはならない、痛みに絶え続けなければならない、再発の恐怖にさいなまれ続けなければならない、という現実と直面する方も多く見られます。医療が発達すればするほど、“健康 ”という言葉が単に「病気でない」ということではなく、たとえ病気を持っていても「“希望”ある人生をどう送るか」ということにその意味が大きく変わってきています。

 欧米では、すでに看護師や専門のアロマセラピストらによって、その取り組みが始っており、Tender Loving Careといってある時 間になると一斉に今の仕事の手を止めて、自分の担当の患者さんのベッドサイドに行き、シーツなどの環境を整え、10分程度の優しくさするようなアロママッサージをしながら、患者さんの“希望”に繋がるケアをするという取り組みをしている病院もあります。もちろんカルテには ”TLC”と記載し、看護業務のひとつとして認められています。

 今後は日本でも、体だけでなく、心だけでもなく、「心(mind)」「体(body)」「魂(spirit)」そのすべてを理解し、“癒し ”というアプローチを含めたケアが望まれていくことでしょう。

 このホリスティックケアプロフェショナルスクール(HPS)が目指す教育は、私が長年臨床でアロマセラピストとして活動していく中 で感じた、「鋭い観察力」「温かい手」「柔らかい感性」というセラピストに必要な3つの要素を養い、単なる知識や技術の教授にとどまらず、“実践で活躍するセラピスト”を育てることを目標としています。医療従事者はもちろんのこと、一般の方も1から学んでいくことができます。

 誰にでも人を癒す力があると、わたしは考えます。

 あなたもなってみませんか? 「臨床アロマセラピスト」に。

ホリスティックケアジャパン代表
相原由花

相原由花 略歴
相原由花画像
  • ホリスティックケアプロフェッショナルスクール学院長
  • ホリスティックケアジャパン代表

  • 関西医科大学心療内科学講座研究員
  • 英国ITEC認定アロマセラピスト
  • 神戸市看護大学大学院がん看護学修士
  • 兵庫県立大学大学院看護研究科博士後期課程治療看護学専攻

  • 日本臨床アロマセラピスト協会理事
  • 日本アロマセラピー学会理事
  • 日本ホリスティックナーシング研究会役員
  • エビデンスに基づく統合医療研究会理事
  • 日本心身医学会代議員
  • 日本心療内科学会会員
  • 日本緩和医療学会会員
  • 日本サイコオンコロジー学会会員
  • American Holistic Nurses Association membership

三重大学教育学部卒業後、10年間大手流通企業の社員教育に携わり、2000年英国ITEC認定アロマセラピストとなる。

翌年2001年より関西医科大学心療内科学講座研究員となり「臨床アロマセラピーの効果と限界」について実践と研究を行っている。

2002年よりアロマセラピストの教育を手がけ、2005年より心療内科クリニック、不妊症専門クリニック、リハビリテーションセンター、 総合病院、介護老人福祉施設、調剤薬局、整形外科クリニック、緩和ケアセンター等、 医療施設と連携したアロマケアルーム「Life touch」を8店舗、院内訪問型アロマサブステーションを3か所展開し、統合医療を実践。

2009年2月(株)ホリスティックケアジャパンを設立。 臨床アロマセラピスト育成の専門校「ホリスティックケアプロフェッショナルスクール」学院長として、これまで600名以上の卒業生が巣立っている。

2006年4月、兵庫県立大学看護学部に入学。2010年看護師・保健師となる。 神戸市看護大学大学院がん看護学博士課程前期課程を経て、現在、兵庫県立大学大学院看護学研究科博士後期課程在籍。 臨床アロマセラピスト育成、医科大学、看護大学、看護専門学校、製薬会社等の非常勤講師を務めるとともに、 がん看護学、ホリスティックナーシング研究に取り組んでいる。

    <著書>
  • 「香りとタッチングで患者を癒す臨床アロマセラピストになる―命のそばで寄り添うケアリングとは」BAB出版 2008
  • 「アロマセラピー入門―日々の看護に生かすホリスティックアプローチ」(共著)日本看護協会出版会 2010 
  • 「緩和・ターミナル看護論」(共著)ヌーヴェルヒロカワ 2011 他